無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

39
2021/06/14

第34話

34
記憶が戻ったことをメンバーに電話で報告した。
三波斗
三波斗
「え!!ほんまに!?」
清春
清春
うん、ほんまに
さつき
さつき
っ…よかった……
三波斗
三波斗
「ちょっ、今からみんなで行くわ!」
返事を伝える前に電話が切れた。



数十分後、メンバーが来た。
さつき
さつき
きよちゃんのこと思い出したの?
小太郎
小太郎
うん、心配かけてごめんね…
涼雅
涼雅
もう身体大丈夫なの?
小太郎
小太郎
うん
三波斗
三波斗
もう前のきよちゃんのこと思い出さないんかと思った…
小太郎
小太郎
もう絶対忘れないから大丈夫だよ
泣きながら小太郎の胸に顔を埋めるみなとは、まるで子供のようだった。



















小太郎は数日入院したあと無事退院した。
小太郎
小太郎
………
小太郎
小太郎
ねぇ、きよ
清春
清春
何?
小太郎
小太郎
なんか近くない?
清春は小太郎が退院してからベッタリだった。
ベッタリしてると言っても、人前で愛の言葉を放ったり、ハグをしたりするという訳では無い。
だけど、必ずそばに居る。
清春
清春
そうでもないで?
小太郎
小太郎
いやそうでもあるよ!w
小太郎
小太郎
前の清春なら絶対ありえないもん!
こう思っているのは小太郎だけ。
メンバーはいつも通りの2人の距離感としか思っていない。2人は前々から近い。
きっと、この違いは小太郎にしかわからないのだろう。
清春
清春
いつも通りのつもりなんやけど…
清春
清春
ごめん
清春
清春
嫌やった?
小太郎
小太郎
嫌じゃないよ!
小太郎
小太郎
むしろ嬉しいし…
慶一郎
慶一郎
おいイチャつくなら部屋行けよー
三波斗
三波斗
ここリビングなん忘れてへん?
市川くんとみなとが2人の会話を遮った。
小太郎
小太郎
うるさいわ!w
言われるがまま、2人は清春の部屋にしぶしぶ移動した。
清春
清春
俺そんなにいつもと違うん?
小太郎
小太郎
すごい近いとか変わったとかは無いけど…
小太郎
小太郎
なんとなくいつもより近いなぁって
小太郎
小太郎
なんかあったの?
清春
清春
うーん……
清春
清春
…最近嫌な夢ばっか見るんよね
小太郎
小太郎
そうなの?
清春
清春
最近多いんよね…
小太郎
小太郎
そっかー…
小太郎
小太郎
どんな夢なの?
清春
清春
なんか…こたが俺と別れて別の人のこと行く夢……
小太郎
小太郎
ないよ!絶対!!
小太郎
小太郎
んー……じゃあさ
清春
清春
うん?
小太郎
小太郎
今日から一緒に寝る?
清春
清春
えっ
そんな小太郎の提案に戸惑った。
小太郎
小太郎
小太郎
小太郎
なんか困るの?
清春
清春
それって毎日?
小太郎
小太郎
うん?
小太郎
小太郎
ずっと一緒だったら不安にならないしょ?
清春
清春
そうなんやけど…
一緒に寝るのはすごく嬉しい。
ただ、そんな毎日一緒に寝ていたら気が気じゃない。きっと小太郎のことを抱きたくなってしまう。
清春
清春
………
小太郎
小太郎
……1人で寝るほうが好き?
見るからに小太郎がシュンと落ち込んだ。
清春
清春
ちがっ、一緒に寝たいんやけど
小太郎
小太郎
けど、なに?
清春
清春
引くなよ…
小太郎
小太郎
うん