無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

44
2021/02/06

第4話

4
清春
清春
俺から離れんといて…
小太郎
小太郎
きよ?離れないけどどうしたの?
小太郎
小太郎
今しがみついてるの僕だよ
清春
清春
絶対離れへん…?
小太郎
小太郎
離れないよ
清春
清春
こた好きだよぉ…
小太郎
小太郎
僕もきよのこと大好きだよ
清春
清春
ちがう…
座っていた小太郎の両肩を掴み押し倒した。
清春
清春
付き合いたい方の意味で好き…
小太郎
小太郎
え?
清春が泣きながらそう言った。
清春
清春
すき…
小太郎
小太郎
えっ、きよ?
清春
清春
誰よりもこたのこと大好き…
言えたことに満足したのか、再び目を閉じて眠りについた。




次の日
清春
清春
ん…ここどこや…
目が覚めると小太郎のベッドに寝ていた。
清春
清春
うわー…相当酔ったんやろな…
水を飲みにリビングに行くと小太郎がいた。
小太郎
小太郎
あ、きよ…昨日さ…
清春
清春
ほんまにごめんな。
俺めっちゃ酔ってたやろ
清春
清春
大丈夫?変なことしてへんかった?
全く覚えてないんよ
小太郎
小太郎
…うん
小太郎
小太郎
普段から変だから気づかなかったかも!
清春
清春
どういうことやねん!w
清春
清春
それより寝癖すごいで
はねてる髪の毛に手を近づけると小太郎に避けられた。
清春
清春
え?
小太郎
小太郎
いやえっと、ビリビリペンやられるのかと思った!
小太郎
小太郎
僕お風呂入る!
逃げるようにお風呂場に行った。
清春
清春
……俺なんかしたな…