無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

14
2021/07/30

第7話

さよなら
探し回って、気が付いたら寝てしまっていた。
目を覚ますと、どこか見覚えのある場所にいた。
とある病室の目の前みたいだ。
中から、聞き覚えのある声が聞こえる。
私はその声の主が、夢の中に出て来た男女の声だとすぐに分かった。
少し、病室の中を覗いてみた。
誰だろう、あの人たちは。
私にすごく似ている。
違う
“私”が“あの人たち”に似ているんだ。
_風@フウ_
フウ
あぁ
分かった
いや
思い出した。
あれは
あのベッドの上に居るのは
“私”だ
そして私を囲んでいるのが、父さんと母さんだ。
_風@フウ_
フウ
そっか、そうなんだ
私はもう…
でも、もういいんだ。
流に、また会えるかな。
会えたらいいなぁ。