無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

188
2021/08/11

第5話

・双子





某テレビ番組




MC「えー、目黒あなたさんと目黒蓮さんは本当の双子なん?」


『あー、違いますね(笑)』


目黒「生年月日と血液型、入所日も一緒で名字も同じなんですけど双子じゃないんですよね。」


『たまたまなんですよ(笑)』


MC「たまたまなん?(笑)」


目黒「でも、ファンの方々に双子って言われているんです。」


MC「凄いなぁ…」




























すの日常 The Movie




『すの日常 The Movie ー!』




今、テレビ番組の収録が終わって楽屋でマネージャーさんを待っている間


最近The Movie更新してないなと思いスマートフォンを持ち自撮りで動画を撮り始めた。


2m以内にめめくんが居るのに写ろうともしない。




『めめくーん!?』


目黒「ん?あなたなに?」


『すの日常のやつ撮ってる』


目黒「おぉ、でも俺写ってない。」




何回も身長差が丁度いいとか思っていたが初めて身長差を恨んだ。


めめくんは、何も言わず私のスマートフォンを手に取り自撮りをしてくれた。




目黒「これで、写った。」


『めめくんありがとう。』


目黒「上目遣いやば(笑)」




めめくんは、自撮りをしながらも空いている片手で私の頭を撫でた。


何回も頭を撫でられているのに全然慣れない。




『ちょっと、恥ずかしい。』


目黒「じゃあ、またねー。」


『あっ、…ばいばいー!』







そしてめめくんは、録画終了ボタンを押し再生ボタンを押した。




目黒「ねぇ、あなた。」


『なに、めめくん。』


目黒「今日家行っていい、?」


『いいけど、』


目黒「けど、?」


『明日、振り入れなこと忘れないでね。』


目黒「…あぁ(笑)分かってるよ。そんなこと。」


マネージャー「車用意出来ましたー!」


『じゃあ、また後で。』


目黒「着いた時、メールするわ。」



ほ の か
ほ の か
1時間後にもう1話更新します!