無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

よろしくね、これからが楽しみです
六花
彗……
……う…ん
クラス表を見て六花が真面目な顔をする。
六花
一緒っ!!やったねっ!
よろしくっ、彗!
(良かった…良かった!)
彗は首を縦に勢いよくふった。
六花
さっ、行こっ!
私らは3組!
うん……!
生徒
うわぁ、美人!
生徒
すげー
生徒
かわいいね、あの子っ!
教室に行くのも一苦労だった。
六花
ここが私らのクラスか〜、入ろっか。彗。
うん……
ガラガラガラ
教室のドアを六花が開ける。
生徒
えっ、あの子、同じクラス?ラッキー!
生徒
すごいなー
クラスの視線は一気に彗へ行ってしまう。
玲奈
わぁっ、かわいいっ!
……?
六花
えーっと、あなたは?
玲奈
あっ、玲奈!望月 玲奈!
六花
えっと、皇 六花。よろしくね!

で、こっちが彗。乙川 彗。
(よ、よろしく…お願いしますっ)
ペコリと彗は頭を下げた。
六花
彗が、よろしくお願いします、だって。
玲奈
こちらこそ!よろしくねっ!
気軽に玲奈って呼んで!!
六花
よろしく、玲奈!
れ、玲奈ちゃん、よ、よろしくね、
玲奈
かわいいっ!
生徒
声もかわいいなー
生徒
学園1じゃね?
うっ
彗が少し戸惑う。
六花
私、皇 六花!よろしくねー!
こっちは彗。乙川 彗!普通に接してほしいって!
だから気軽に声をかけてあげてねー!
(す、すごいっ!そ、さすが、りっちゃん!)
玲奈
うんっ!
生徒
す、すげー
生徒
そうだよな、いろいろ見られて大変だもんな
生徒
よろしくねー!彗ちゃん!
生徒
よろしくー!
六花
彗!
………は、はいっ、こ、こちら、こそ!
六花
良かったね!彗!
うんっ、
(ありがとうっ、りっちゃん!)
六花
いいよ、彗が楽しそうなら。
良かった。私、このクラスで楽しく暮らせそうです。
りっちゃんと、玲奈ちゃんと、みんなと、これから頑張りますっ、