無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第79話

良かった、玲奈…
遊馬
……
良かった…
遊馬は、たいなか堂の前でホッとした。
玲央にも、こっちは大丈夫だというメールを送る。
カラン
たいなか堂のドアが小さく空いた。
伊織
……、!
一瞬、その子はこっちを見たが、慌ててそらしたような様子だった。
遊馬
…すみません、
伊織
…は、はいっ、、!?
遊馬
望田 伊織さん、、?でしたよね、?
遊馬
乃々の…、店員さんが友達で、
遊馬
メールで玲奈が…、、その、ご迷惑を、
伊織
い、いいんですっっ
伊織
ぜ、全然っ、気にしてませんし、迷惑だなんて思ってません、
伊織
玲奈ちゃんが自分のためにやったことです、
遊馬
、、ありがとうございますっ
伊織
い、い、いえっ
伊織
じゃ、じゃあ僕はこれで、、
そう言って、そそくさと歩く伊織。
遊馬
あの人…
遊馬
乃々が言うには男らしいけど……
遊馬
女……じゃ、、
遊馬
……
遊馬
まさか、、な
もう玲奈は大丈夫だろう、、
乙川さん、皇さんと出会って玲奈は少し明るくなった。
記憶を失って、女子の友達を作ることをやめて、
玲奈の、初めて心を動かした2人。
遊馬
良かった、、
思わず涙が出てくる。
遊馬
……
玲央
遊馬、?
遊馬
れ、玲央、、!
玲央
泣いてるの、?
遊馬
泣いてねーよ。
俺はそう言って、玲央に笑いかけた。