無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
高校…
四月。入学。出会い。別れ。新しい何か。
六花
彗、大丈夫?
校門を前に立ち止まる彗。
そんな彗と並ぶ、幼馴染で親友の皇 六花(すめらぎ りっか)。
………うん
声よりも大きく首を縦にふる。
六花
行こ、彗!
高校から、頑張るんでしょ?
そう。私の目標は、普通な、平穏な生活を送ること。

小学も中学も何かと目立って、大変な生活を送ってきた。

今日から高校生。

私は決めたんだ、高校生活はもっと、今まで以上に普通な楽しい3年間にする、って。
ま、待って、り、りっちゃんっ、
私はりっちゃんと走り出した。
たくさんの生徒がいる中、私達は走り抜ける。
__________________________________________________________
生徒
なぁ、さっきの子、めっちゃ美少女じゃね?
生徒
あの長い髪の子だろ?
新入生だと思うぜ、
生徒
今度、1年の教室行ってみよーぜ
生徒
だな
うっ、
六花
彗、大丈夫?
そう、これが目立つ原因。
行こっ、りっちゃん……!
六花
うんっ、