無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

玲奈
あーあ
遊馬、、

好きな人いるんだな、
もう少し距離、、いや、間隔?を取った方がいいのかなぁ、、
幼馴染っていっても限界みたいなのもあるし、、
でもなぁ、、
玲奈
………、
玲奈は自分の手を見た。
遊馬とつないだ手の感触が、まだ残ってる。
あったかくて、



優しくて、



大きな手。


昔からずっとあの手を握っていた。


玲奈
あーああ、
玲奈
なんか変、かも
遊馬のことしか頭に浮かんでこない。
なんでかな、、
玲奈
おかしい おかしいおかしいーー!!
顔が熱い。
心臓も早い、
玲奈
風邪かなぁ〜
玲奈
おかしいよっ
玲奈
玲奈、
玲奈
こんなの、こんなの、
初めて、、
玲奈
あぁぁぁぁ
玲央
玲奈、?
玲央
えーっと、、
玲央
何してるの?
玲奈
え、?
玲奈
……っ、

玲央が玲奈の部屋に入ってきた。




玲奈は自分がベッドで暴れていることに気づく。
玲奈
ご、ごめん、
玲央
うん、
玲央
なんかあった??
玲奈
う、ううん!
玲奈
別に何もないよっ?
玲央
ならいいけど、、
そう言って部屋を出る玲央。
玲奈
……玲奈、、もしかして、、
玲奈
遊馬、、が、、
玲奈
な、わけないかっ!!
そんな花火大会の後。