無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第81話

肉まんと呼び方
……玲奈ちゃん元気そうで良かったな、、
六花
そーだね、
六花
玲央くんから電話来た時は驚いたけど…
玲奈ちゃん、、
きっと取り戻せるよね、?
六花
当たり前でしょ、
六花
玲奈の記憶は絶対、大事なんだから
うん、、!
六花
じゃあ私、塾こっちだから
うん、また明日ね
_________________________________________________________________
凛也
す、彗さん、?
り、凛也くん、!?
凛也
良かった〜
凛也
俺、この辺詳しくなくて、
凛也
だけど彗さんの姿が見えたから、、
凛也
そ、その罰ゲームでこの辺のコンビニで肉まんを一人で買いに行くっていう、、
き、厳しい罰ゲームだね、、
凛也
この辺のコンビニってどこ、、?
あ、案内する、!
凛也
ありがと、
家の手伝いがあるけど、、
今日くらい、、
いい、かな?
_________________________________________________________________
ここだよ、
凛也
ありがとう彗さん!!
ううん、どーいたしまして、
凛也
あ、ちょっと待ってて。
ん、?
凛也くんがコンビニに入って行って、帰って来た。
凛也
はい、これ、、
に、くまん、?
凛也
これはスペシャル肉まん、
凛也
普通の豚まんより30円高いから、、
凛也
お礼に、?
ふふっ
ありがと、凛也くん
あ、あと、さん付けじゃなくていいよ、?
あ、あれ、??
なんで急に私……、!、
凛也
え、あ、
凛也
な、なら彗、?
う、うん、、
何だろう、、
み、耳がちょっとくすぐったい、、
凛也
わ、わかった、!!
凛也
い、家まで送る、
い、いいよ、!!
家すぐそこ…だし、、、
あぁぁ
どうしよう、、!!
だんだん熱くなってくる…
凛也
わかった、!!
凛也
じゃあまた明日、彗、!
う、うん!!
頬の熱さは、まだ少し…
冷めそうにない…です、