無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

ごめんなさい…、
生徒
さすがー!
生徒
本当すごい!
(い、いた、!)
隣のクラスの人混みから凛也を見つける彗。
六花
す、すごい人!
呼んでみる?
(り、りっちゃん、わ、私…、まだ、心の準備が、)
生徒
あれ?乙川 彗ちゃんだ!
人混みの中で誰かが言った。
生徒
本当だ!かわいいー!
生徒
何の用だろ、誰か聞いて来いよ、
生徒
いや、無理だろ、
生徒
マジで高嶺の華すぎる、
(ど、どうしよう、)
六花
彗、大丈夫?
(お礼、しようと思ったけど、こんな人がいたら、)
六花
彗?
(っ、私…)
彗は勢いよく走り出した。
(ごめんなさい、)
六花
彗!?
六花が追いかける間もなく、彗は走り去った。
六花
(ど、どうしよう、!彗、)
生徒
あれ?いなくなった?
生徒
どうしたんだろう、
六花
(彗…、どこ…?)
六花は彗が走り去った方へ走り出す。