無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

本当は
玲奈
遊馬
ほら手止まってる、
玲奈
ねー、遊馬
遊馬
ん?
玲奈
伊織ちゃん元気かな〜?
玲奈
玲奈、お礼が言いたいの
遊馬
伊織ちゃん、?
玲奈
ほら玲奈を蝶の森まで連れて行ってくれて、ケーキ屋さんまで来てくれた…
遊馬
俺はちゃんと見たことねーけど、
遊馬
ケーキ屋から出て行く人は見たな、
玲奈
その子、!その子だよ、伊織ちゃん!
遊馬
伊織ちゃんって言ってるけど…
遊馬
あいつ男だぞ、
玲奈
え、??
玲奈
お、男、!??
遊馬
玲奈…
遊馬
男だと思ってたのか、?
玲奈
だ、だってっ
玲奈
伊織ちゃんって呼んでも、、
玲奈
ひ、否定しなかったから、、
遊馬
お前…
遊馬
本当にバカ…
玲奈
ああああ
玲奈
どうしよ、どうしよ、
玲奈
伊織ちゃん…い、伊織くんに謝らないと、!
遊馬
まぁ…
遊馬
そいつがどこまでいるかは知らねーけど
玲奈
ええ、!?
先生
望月さん、!!
先生がやって来る。
玲奈
あ、
遊馬
先生、玲奈の宿題もう少しで終わるので今日は帰ってもいいですか?
先生に近づいて爽やかに遊馬は言う。
先生
そ、そう…
遊馬
よし、帰るぞ
玲奈
あ、え、?
玲奈
ちょっと遊馬、!!
2人は走って教室をあとにした。