無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

プレゼント、、
玲奈
あ、!
目に入ったのは、腕時計、




黒色で、


ちょっと大人っぽい。
玲奈
か、かっこいいっ、、
玲奈
え、!?これ、高っ、!!
10,000円、、、
玲奈
あ、でも腕時計にしては、まあまあ安い方、?
玲奈
ん、、、
玲奈ちゃん、?
玲奈
あ、!!遥(はる)ちゃん!!
久しぶり、元気、?
玲奈
はいっ、!
良かった、
ところで、あの子のプレゼント探してる?
玲奈
あー、えーっと、、、
ごめん、違ったらいいんだけど、、
玲奈
い、いや!遥ちゃんの予想通りです、、
ふふっ、ありがとね、いつもいつも、
玲奈
全然!!
玲奈
あ、あの、!
ん?
玲奈
な、何が喜ぶと思いますか、?
そーね、、玲奈ちゃんがくれるものなら何でも喜ぶと思うけど、、?
玲奈
本当!?
えぇ。
玲奈
ならこの腕時計にするっ!
玲奈
ありがと!!遥ちゃん!!
どーいたしまして、
玲奈
じゃあ!またね〜、遥ちゃん!
気を付けてね、
玲奈
は〜い!
玲奈は腕時計を握りしめ、レジの方へ走っていった。
まったく、、直接、遊馬に聞いたらいいのに、、
________________________________
遊馬
あー、、疲れた、
おかえり、
遊馬
姉貴、お茶入れて、
はいはい、
(遊馬、、あんた、まだまだ頑張らないとね、)
遊馬
何、?
お茶を飲みながら言う。
いや〜?
あんたも大変だと思って、
遊馬
うるせーよ、
遊馬
だいたい姉貴だって今年受験だろ?大学の、
分かってる、分かってる、
さっさと受かって受験なんて終わらせるし、
そんな湊家の姉と弟の会話。