無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

いつになったら、、俺は、、玲奈は、、
玲奈
ん、、
先生
も、望月さん、、は、、
遊馬
はい。玲奈は一部の記憶がないんです、、
遊馬
だから、、急に倒れることがあるんです。
遊馬
無理に思い出そうとして、、
先生
分かりました、、
先生
湊くんは早く教室に、、
遊馬
いえ。俺がここにいます。
先生
で、でも、授業は、、
遊馬
俺は平気です。
遊馬
先生。お願いします。
先生
わ、分かりました、
先生
では私は職員室に取りに行く物があるから、
先生
望月さんをよろしくね、
遊馬
はい。
ガラガラ
先生が保健室を出て行った。
玲奈
遊馬、、?
遊馬
玲奈、、
遊馬
大丈夫か、
玲奈
うんっ、へーき、
遊馬
心配させんな、、
遊馬
バカ玲奈、
玲奈
えへへ、、ごめんなさい、、
遊馬
気にすんなよ、
玲奈
え?
遊馬
その、、記憶のこと、、
玲奈
うんっ、
遊馬
寝ろ、
玲奈
うんっ、
玲奈
おやすみ、
遊馬
まったく、、
遊馬
いつになったら、目覚めてくれるんだろーな、
遊馬
玲奈、
玲奈
ん、、
そんな遊馬の独り言。