無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

*twenty-seven*
あなたside
──────────

あの日、"今まで通り接するから"って言われたから

私達の関係は今までと変わらないと思っていた


けどそれは間違っていたらしい。

なぜかって?

だって…



大輝『あなたちゃん、おはよっ』

大輝『あなたちゃーん写真撮って!』

大輝『あなたちゃん、これ見て!!』



まぁ見ての通り、今まで以上に来てますけども大輝さん。笑

こっちで別の仕事やってる時でも

こうやって呼ばれるからほんとに忙しいの

挙句の果てにはメンバーの皆さんや他のスタッフさんににやにやされるし。

けど実はそんなに嫌じゃなかったり。笑



二千奈『あなたー!!ちょっと来て!!』

あなた「えー?なにー?」

二千奈『なにー?じゃないよ!!どうしたの?!』

あなた「え?何のこと?」

二千奈『だから!!大輝くんだよ!!』

あなた「あぁ、え?何で?」

二千奈『だって、すっごいあなたに話しかけてくるじゃん?何かあったの?』

あなた「あぁ、これ言っていいのかなぁ…」

二千奈『だいじょぶだいじょーぶ!!笑 ちゃんと内緒にするから〜!』

あなた「んんー、じゃあ、誰にも言っちゃだめだからね?」


あなた「えーっと、その、告白、されt」


二千奈『わぁー!!!!まじ!?!?』

あなた「ちょっと!騒ぎすぎ!!」

二千奈『で?で?OKしたの?』

あなた「いや、」

二千奈『え〜、な〜んだ、』

あなた「え、何それ笑」


あんなにワクワクしながら聞いといて

そのリアクションはどうなのよ、笑

と思いつつ。笑


二千奈『でもしばらく続きそうだよね、大輝くんのアピール笑』

あなた「アピールって…笑」

二千奈『だってそうでしょ〜?笑 あなたも頑張んなよ〜』

あなた「何を?」

スタッフ)二千奈ちゃーん!!ちょっと来て!!

二千奈『あ、呼ばれた!行ってくる!』


行ってしまった、

何を頑張るの?笑 ツアー?

まぁ何にしても私には沢山やる事があって

どれも絶対成功させたいから頑張ってるし、いいか、←


──────────

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

夢 愛 🥀
夢 愛 🥀
こ っ そ り 書 い て い き ま す . 見 つ け て く だ さ っ た 方 あ り が と う ご ざ い ま す . 主 に さ い こ ろ さ ん 方 を モ デ ル に し た お 話 に な り ま す . 自 己 満 足 の 作 品 な の で そ こ は ご 了 承 く だ さ い 🙇 不 定 期 更 新 に な る と 思 い ま す . リ ク エ ス ト 等 あ れ ば コ メ ン ト お 願 い し ま す 💁🏻 "脳 内 暴 走 N i g h t 🌜" ⚠ プ ロ フ ィ ー ル 欄 や 作 中 の 作 者 ペ ー ジ は 必 ず 目 を 通 し て 下 さ い . よ ろ し く お 願 い し ま す 🌸
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る