無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第37話

*thirty-two*
あなたside


お店を出る時に聞こえた『大輝く〜ん♡』という声の主は

野中沙耶(ノナカサヤ)さん、28歳で音声さん。少し前から良くDa-iCEを担当するようになったらしい

あんまり話したことは無いけど

さっきもなんか睨まれてたし、、ウザい、


雄大『、ごめんね』

あなた「え?何がですか、?」

雄大『今日、一緒に帰る人が大輝くんじゃない事も、沙耶の事も』

あなた「何で雄大さんが謝るんですか、なんか私が大輝さんの事、好き、みたいじゃないですか笑」

雄大『あなたちゃんは好きなんだよ、大輝くんの事が』

あなた「そんな訳、」

雄大『あるんだよ。』

雄大『今日も本当は大輝くんばっかり見てたでしょ、知ってるんだからね!!』


その言葉で今日を振り返ると

ステージ上で踊る大輝さん

歌う大輝さん

上手くMCを繋ぐ大輝さん

ふざけ倒す大輝さん、と

思い出すのは大輝さんばかり


更には過去の大輝さんまでがフラッシュバックした


あなた「…そっか、私は大輝さんの事が好きなんだ、」

雄大『やっと分かったか笑』


そう笑う雄大さんの笑顔はどこか曇りがあって凄く引っかかった


あなた「でもなんで沙耶さんのこと?」

雄大『あぁ、沙耶は俺の幼なじみなんだよ。俺が上京したら付いてきちゃって。俺らのスタッフになってからはずっとあんな感じでさ…』

あなた「あ、幼なじみなんですね。でも雄大さんが謝ることないですよ、全然気にしてませんし☺︎」

あなた「あ、着いちゃった ありがとうございました、今日はほんとにお疲れ様でした!」

雄大『お疲れ様でした、無理しないでよ?俺らの大事なスタッフなんだから』

あなた「大丈夫ですよ!笑」

雄大『ならいいけど笑 じゃあまた仕事で!』

あなた「気を付けて帰ってくださいね〜!」

雄大『おやすみ〜!』

あなた「おやすみなさい☺︎」


部屋に入る前、少し遠くに黒いワンボックスカーが停まっているのが見えた

こんな時間に…?

少し不審に思ったけど疲れていたからかすぐ横になりたくて

スルーして部屋に入った


とはいえ雄大さんのおかげで自分の気持ちがはっきりした

さっ、ひと仕事終えたし、すっきりしたから今日はゆっくり休もう

っと、その前に工藤さんに連絡しておこうかな


LINE━━━━━━━━━━━━━━━
今日はお疲れ様でした。先に帰ってしまってごめんなさい(>_<)
お時間空いてる時教えてください、全然暇なときで大丈夫です、2人でゆっくりお話したいなと思いまして。
おやすみなさい、ゆっくり休んで下さいね!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

夢 愛 🥀
夢 愛 🥀
こ っ そ り 書 い て い き ま す . 見 つ け て く だ さ っ た 方 あ り が と う ご ざ い ま す . 主 に さ い こ ろ さ ん 方 を モ デ ル に し た お 話 に な り ま す . 自 己 満 足 の 作 品 な の で そ こ は ご 了 承 く だ さ い 🙇 不 定 期 更 新 に な る と 思 い ま す . リ ク エ ス ト 等 あ れ ば コ メ ン ト お 願 い し ま す 💁🏻 "脳 内 暴 走 N i g h t 🌜" ⚠ プ ロ フ ィ ー ル 欄 や 作 中 の 作 者 ペ ー ジ は 必 ず 目 を 通 し て 下 さ い . よ ろ し く お 願 い し ま す 🌸
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る