無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

*five*
あなたside

──────────


颯『片付けしないとヒロさんに怒られますよ〜』

雄大『うわっ、それはまずい!』


そんな会話をしてから10分後



あなた「片付け終わりましたね!」

想太『よし!じゃぁ、行きましょ〜!』


そう言って花村さんは先頭を歩き始めた

さっきまでバッキバキに踊ってたのに元気だな…

そんな事を思っていると

目的の会議室はもう目の前で


想太『失礼します〜!』


花村さんに続いて私は1番最後に会議室に入った


木村『はい、じゃぁ、揃ったみたいなので始めます!』



──────────



配られた資料を見てみると

どうやらこの会議は約3ヶ月後に迫ったツアーについての会議で

このツアーはその2ヶ月前にリリースするアルバムを引っ提げたツアーになるみたい

もうアルバムの制作はほぼ終わってて

会議ではライブ本編の演出はもちろん、
ツアーグッズの最終決定なんかもあってる

ライブの演出は主に岩岡さんと演出家の方で
グッズだったりロゴ決めは他のメンバーさんやスタッフさんで

色んなことが同時進行で行われている

私は特に発言することもせず、
会議室の端っこで、今後私が本格的に会議に参加する上で "これ大事だな" と思った事を、メモを取りながら会議の様子を見ていた


するといきなり
グッズの方を話し合っていた花村さんが

想太『あ!!佐藤さんは元々6面だったんですよね?佐藤さんだったらどっちがいいですか?』

そう言って花村さんは2つのペンライトの案を私に見せた

あなた「え、わ、私ですか?…んー、私だったらこっちですかねー…こっちの方がシンプルでいいですね」

想太『やっぱり!ほら、だから俺もこっちの方がええんちゃいます?って言うたんですよ〜』


なんて言ってまた戻っていった

いや、びっくりした笑

まさか私に振られるとは思ってなかった

でも、会議に少しでも参加出来て嬉しかったな


──────────


集中して見てたから時間が過ぎるのはあっという間で

もう1時間半が経とうとしていた

演出の方はもう少し時間がかかりそうだけど
それ以外はかなり定まってきたみたい


木村『よーし、今日はそろそろ終わりにして、お昼にして次の準備をしましょうか!』

大輝『そうですね、わかりました。』

雄大『あ〜、腹減った〜!』

徹『雄大、社員食堂行こうよ』

雄大『あ、いいですね!まだ食べた事なかったですし!』


その時私と同じマネージャーの坂田大輔(サカタダイスケ)さんが

坂田『俺、コンビニ行ってきますけど何か要りますか?』

颯『え、待って、俺も行く〜!』

想太『俺、コーラとお弁当買ってきてください!』

大輝『俺は、サラダとー…エナジードリンクで』

坂田『了解です!行きますよ〜!』

颯『は〜い』


──────────

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

夢 愛 🥀
夢 愛 🥀
こ っ そ り 書 い て い き ま す . 見 つ け て く だ さ っ た 方 あ り が と う ご ざ い ま す . 主 に さ い こ ろ さ ん 方 を モ デ ル に し た お 話 に な り ま す . 自 己 満 足 の 作 品 な の で そ こ は ご 了 承 く だ さ い 🙇 不 定 期 更 新 に な る と 思 い ま す . リ ク エ ス ト 等 あ れ ば コ メ ン ト お 願 い し ま す 💁🏻 "脳 内 暴 走 N i g h t 🌜" ⚠ プ ロ フ ィ ー ル 欄 や 作 中 の 作 者 ペ ー ジ は 必 ず 目 を 通 し て 下 さ い . よ ろ し く お 願 い し ま す 🌸
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る