無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

*seven*
あなたside

──────────

瀧もt…失礼。
二千奈の怒涛のテンションでちょっと疲れた←

けど私は大人しい方だから二千奈くらいグイグイ来てもらう方がいい

まぁ、それは置いといて。


なんと二千奈も6面さんだった。びっくり笑

颯くん推しらしい

二千奈と話していたら他のスタッフさんも集まってきて

自己紹介したり、連絡先交換したりってやってたら

もう時計は14:40


あなた「やばっ」


あぁ、ご飯食べれなかった…なんて思いながら
急いで木村さんの元へ行った


あなた「木村さん、私何かすることありますか?」

木村『んー…じゃぁ、今回の取材についてざっと説明するのでメンバーに伝えてきてもらっていいですか?』

あなた『わかりました!』

木村『今回の取材は…


──────────

木村『って感じです。もう、時間になるんでついでに連れてきてください。』

あなた「はい、わかりました!」

木村『じゃぁ、お願いしますね。』


今回はフジテレビが主催するイベントにDa-iCEが出演するのでそれについての取材だそう。


コンコン


あなた「失礼しま〜す、」


控え室に入れば

工藤さん、花村さんは一緒に某サバゲーを
岩岡さんは別のゲームを
大野さんは筋トレ、和田さんは寝てた

そうたいき…仲良すぎかよっ←


雄大『あれ、どうしました?』

あなた「あ、今日の取材について木村さんから言われた事を伝えに来ました」


──────────


大輝『りょーかい。』

あなた「今回は衣装に着替えなくても大丈夫です」

徹『はーい、ありがとうございます』

雄大『もう時間ですよね!』

あなた「あ、はい!」

颯『んー…なんですかー…』


起きた…!さっきまで花村さんとか『敵居る!敵居る!やばいやばい!あー!』とか外まで聞こえるぐらいうるさかったのに←

それで起きないのはある意味才能だよ
眠り姫ならぬ眠り王子だよ

とかわけわかんないこと考えて←


徹『今日の撮影の話〜!ほら、もうすぐ行くよ〜!』


──────────

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

夢 愛 🥀
夢 愛 🥀
こ っ そ り 書 い て い き ま す . 見 つ け て く だ さ っ た 方 あ り が と う ご ざ い ま す . 主 に さ い こ ろ さ ん 方 を モ デ ル に し た お 話 に な り ま す . 自 己 満 足 の 作 品 な の で そ こ は ご 了 承 く だ さ い 🙇 不 定 期 更 新 に な る と 思 い ま す . リ ク エ ス ト 等 あ れ ば コ メ ン ト お 願 い し ま す 💁🏻 "脳 内 暴 走 N i g h t 🌜" ⚠ プ ロ フ ィ ー ル 欄 や 作 中 の 作 者 ペ ー ジ は 必 ず 目 を 通 し て 下 さ い . よ ろ し く お 願 い し ま す 🌸
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る