第88話

デート(?)
1,613
2021/10/31 12:00
ある日のこと。

ドタドタドタドタ…(階段の音)

(バンッ🚪)

『誠也くん!!!』
末澤「え、なに!?!?」
『デートしない?』
末澤「………デート!?!?!?」
末澤「あなたからデートに誘われる日が来るなんて…」
末澤「明日は雪が降るかも、いや隕石?」
末澤「てか、なんでデート?」
末澤「俺の良さに分かる日がようやく来たって事か!!!!」
『うん、独り言多すぎね。』
『まあ、理由は内緒〜笑』
末澤「えぇ!!!!」




(約10分前)
『よしくんよしくんっ!!』
正門「あなたやん。どうした〜ん?」
『あのさ、最近ね誠也くんの事ばっか考えててて…』
『多分、これって好きってことだよね!?』
正門「そうやなぁ、その人の事でいっぱいドキドキしていっぱい悲しくなることがすきってことやねんて。」
正門「あなたも別に誠也くんのこと好きでおかしいなんてこと無いから、告白してみたら?」
『なるほど!✨』
『じゃあ、とりあえずデートする!』
正門「気をつけて行きや〜☺️」