無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

350
2021/05/16

第2話

2話
私と彼が出会ったのは、とあるジムだった。

ジムなんて初めてで、オドオドしながら機械の前を彷徨いていた私に、彼が声をかけてくれた
ひかる
ひかる
大丈夫ですか?
(なまえ)
あなた
あ、、すみません、邪魔でしたよね…
ひかる
ひかる
いやいや、邪魔とかじゃなくて…なんか、戸惑ってるみたいだったから
(なまえ)
あなた
ぁ…あの…ジムとか初めてで…
(なまえ)
あなた
友達に誘われて来たんですけど、その友達にドタキャンされちゃって…
ひかる
ひかる
そうなんだ、じゃあさ、俺と一緒にやります?
(なまえ)
あなた
え、
ひかる
ひかる
色々教えられると思いますけど、どうしますか?
(なまえ)
あなた
あ、じゃあ…お世話になります…//
ひかる
ひかる
わかりました^^*



それから互いに簡単な自己紹介をして、彼がアイドルだと知った。

生憎テレビ等、エンタメに興味のない私は彼のことを知らなかった
(なまえ)
あなた
すみません…知識不足で
ひかる
ひかる
大丈夫ですよ、逆にファンの子だったら、こんなこと出来ないし、


彼は年下の私にも優しく、丁寧に接してくれた。

ドタキャンされて最悪だ。なんて思っていたけれど、今は友達に感謝してるくらい。


それくらい、彼…岩本さんは素敵な人でした










✄------キリトリ------✄
さくしゃです。

我、ジムの仕組みを全く知らないのでお話に都合いいように設定していっちゃいます💦

ご理解お願いします🙇‍♀️🙏