無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

299
2021/05/17

第4話

4話
ひかる
ひかる
ふぅ…そういえばさ、あなたちゃんってどのへん住んでるの?
(なまえ)
あなた
え、ぁぁ、ここからそんなに遠くなくて…
ひかる
ひかる
じゃあここ以外でも会えるかもね
(なまえ)
あなた
え、?
ひかる
ひかる
俺もこの辺だから、家
(なまえ)
あなた
そ、そうなんだ…
岩本さんはずっと話しかけてくれて、色々なお話をさせてもらった。

こんな幸せなことない。

ほかのファンの人達のように応援できるだけじゃなくてこうやって直接話せてるって優越感まで出てきてしまう。

こんなの良くないよね…
ひかる
ひかる
あなたちゃん?大丈夫?
(なまえ)
あなた
っえ?は、はい…
ひかる
ひかる
考え事?
(なまえ)
あなた
まぁ、そんな感じです…
ひかる
ひかる
俺で良かったら聞くけど
(なまえ)
あなた
え、いやでも…
ひかる
ひかる
帰りどっかカフェ的なとこ寄ってこうよ。
せっかくこうして出会えたんだし
(なまえ)
あなた
////
ひかる
ひかる
ってごめん俺、なんかクサイセリフ言って…w
(なまえ)
あなた
いっいえ、!あの…行きたいです…カフェ…
ひかる
ひかる
ほんと?じゃあ、いこ!
ダメだよ私、これ以上アイドルさんと個人的なお話をするなんて。

私は罪悪感と優越感を交互に感じながら、岩本さんについていった。