無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

音楽との出会い
その時、光が走った。
響く歓声と鳴りやむ楽器の音。
私と隼人は何かの衝撃が走った。
奏(かなで)
奏(かなで)
っ!。
隼人(はやと)
隼人(はやと)
...
奏(かなで)
奏(かなで)
凄かった...。皆。
隼人(はやと)
隼人(はやと)
奏も?
奏(かなで)
奏(かなで)
うん。
奏(かなで)
奏(かなで)
私、こんな演奏してみたい!。
隼人(はやと)
隼人(はやと)
また聞きたいな。
奏(かなで)
奏(かなで)
ふふっ。私が約束する!。
またこれを超えるような演奏やってやるんだから!。
隼人(はやと)
隼人(はやと)
楽しみにしてる。
お前は無理しすぎる事があるから程々にな。後、楽器も購入しないと。
奏(かなで)
奏(かなで)
じゃ、行こっか。
車椅子気をつけてね
奏は車椅子を動かそうとした
隼人(はやと)
隼人(はやと)
俺がする。お前は歩け。
お前に約束してもらったし...。

それくらい、
奏(かなで)
奏(かなで)
ありがとう。でも無理しないでな。
こうして、
約束と、音楽のストーリーが
始まった。