無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

︎︎
目黒 「あなたかーえーろ」


『あー今日先帰ってて?ごめんね、やることあって、』


目黒「何すんのどこ行くの俺もする俺も行く」


『渡辺くんの家!樹くんとだしいいよ、先帰ってて』


目黒「高校生って甘く見てたら襲われるよー」


『あーあそんなのないから』


目黒「てか何しに行くの」


『え?あープリント届けるついでに一人暮らしって言ってたしちょっと見てこようかなって』


目黒「絶対危ないアウト」


阿部(俺ついて行こっか?)


京本(俺行きますよ!)


『大丈夫大丈夫、笑』


田中「あなたちゃーん」


『先生、ね?』


田中「いいから早く行こ」


『あーうん行こ!みんな明日ね〜』


岩本「え?2人で帰るの?」


『あー渡辺くんの家行くので!あ、プリントとか届けますよ?』


岩本「えー俺も行きたいかも」


田中「無理却下」


『いやいや、岩本先生担任なんで笑』


岩本「そうそう」


『じゃあ樹くんと先生任せました!りょーへーかえろーう!』


阿部「どっか寄ってく?」


『ご飯食べてく?笑』


目黒「ねえ俺は?」


『また今度ね?笑』


目黒「絶対いや」


田中「ねえ俺あなたちゃん行かないならしょーたのとこいかねーよ?」


『はいはいじゃあ今日はじゅりくんと渡辺くんの家行きますよーー、』


目黒「俺も行く」


岩本「俺いるから大丈夫だって笑」


目黒「ぜってー手出さないでくださいね」


岩本「当たり前だわこっち彼女もちなんで」


田中「よしいこ!あなたちゃん!」


『先生!ね!』


岩本「帰りは目黒の家に届ければ大丈夫?」


目黒「はい!」


『あ、はい、』