プリ小説

第22話

16
こんにちは。ソアです。




本日は、9月1日 グクの誕生日でございます
ケーキ買って、
すぐに出来る飾りをかくして、
プレゼントを隠して、
チョン ジョングク氏を7人で待っております
ジン
ジン
あー。楽しみだな〜
ジミン
ジミン
そんなこと言ってないで、早くご飯作り終えてください!
ジン
ジン
なんだよ〜…
ユンギ
ユンギ
眠い…
ナムジュン
ナムジュン
ヒョン!今は寝ないでください!
テヒョン
テヒョン
僕も寝る〜!
ナムジュン
ナムジュン
おい!キム テヒョン!
テヒョン
テヒョン
はーい
ソア
ソア
ジンオッパー。ケーキ冷やしておくよ〜
ジン
ジン
ありがと
ナムジュン
ナムジュン
あ!作戦をもう一度確認しよう!
みんな
ナム以外)だね!
ナムジュン
ナムジュン
グガが、来たらユンギヒョンがドアを開けに行く。で、リビングに入って来たら、みんながグクに気づかないふりをする。
ナムジュン
ナムジュン
グクに話しかけられた人は、出て行って電気を消して、ケーキを持ってくる。オッケー?
ソア
ソア
我ながら、いい計画だわ〜
ユンギ
ユンギ
はいはい笑
ジン
ジン
よし。作り終わったよ〜!
〜3分後〜
ピンポーン

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

おにぎり🍙
おにぎり🍙
♯春風の吹く頃に 🌾➯🍚➱🍙 コメントしてくれたら、めっちゃくちゃ嬉しすぎるです 更新遅くなります ご迷惑お掛けいたします🙇‍♀️ 🍽🐰 🏖🐬 はぬる☀︎☁︎ ぽていと👴🏻💙 おにちゃんとお呼びください! ↑ りりがそう読んでるから🍐