無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

出動前
サポートとして部屋に残ったフロイドさん以外、急いで廊下を走っていた。
コルガ・ニトル
コルガ・ニトル
そう言えば、警報が鳴ったのは久しぶりだな。
アイト・ユメタニ
アイト・ユメタニ
警報なんて滅多に鳴らないよね~。
フィル・アイザック
フィル・アイザック
(こんな時でもこの二人は緊張感がないなぁ…。)
アルベルト・カルード・マリオン・ジョーイ
アルベルト・カルード・マリオン・ジョーイ
クロム殿!!大変だ!!一斉出動の場所の時間まで間に合わないぞ!!
デュラン・カルロス
デュラン・カルロス
また…遅めに…設定されてた。
クロム・アーサー
クロム・アーサー
クソッ!アイツら…
アイト・ユメタニ
アイト・ユメタニ
もう一気にかついで行くしかないよ!!
クロム・アーサー
クロム・アーサー
あぁ…そうだな!
クロム・アーサー
クロム・アーサー
アイトはデュランとフィルを頼む!俺は軍曹と相棒を抱えるからな!
アイト・ユメタニ
アイト・ユメタニ
おっけい!任せて!
アイト・ユメタニ
アイト・ユメタニ
フィルくん、デュラン!ちょっと失礼!
フィル・アイザック
フィル・アイザック
え?
そう言うとアイトくんは俺とデュランさん横に抱えて、凄い勢いでクロムさんと一緒に猛スピードで走った。
フィル・アイザック
フィル・アイザック
うわぁぁぁ?!
デュラン・カルロス
デュラン・カルロス
やっぱり…すごい。
アルベルト・カルード・マリオン・ジョーイ
アルベルト・カルード・マリオン・ジョーイ
ウム!!いつも助かってるぞ!!
コルガ・ニトル
コルガ・ニトル
さすが、俺の相棒だぜ。
フィル・アイザック
フィル・アイザック
あ、あの!
アイト・ユメタニ
アイト・ユメタニ
ん?なぁに?
フィル・アイザック
フィル・アイザック
疲れないんですか?
アイト・ユメタニ
アイト・ユメタニ
え~、こんなの序の口だよぉ~。
フィル・アイザック
フィル・アイザック
(?!)
アイトくんの一言に圧倒されていると、いつの間にか到着していたようだ。
クロム・アーサー
クロム・アーサー
時間は?
アルベルト・カルード・マリオン・ジョーイ
アルベルト・カルード・マリオン・ジョーイ
全然余裕があるぞ!!はっはっは!!
コルガ・ニトル
コルガ・ニトル
相棒、今のうちにフィルに渡しておくか?
クロム・アーサー
クロム・アーサー
あぁ…そうしようか。デュラン!
デュラン・カルロス
デュラン・カルロス
ちゃんと…持ってきた…。
そう言って、デュランさんは俺に袋ごとなにかを渡してきた。
フィル・アイザック
フィル・アイザック
これは…?
クロム・アーサー
クロム・アーサー
第10部署のバッチと小型の無線機だ。マイクとイヤホンも付いてる。
コルガ・ニトル
コルガ・ニトル
これがあれば、部屋からのフロイドの指示が聞ける。常に持っていろ。
俺は貰ったバッチと起動した無線機のイヤホンを付けた。
ザザザ…
フロイド・シーザー
フロイド・シーザー
『フィルさん、聞こえていますでしょうか?』
フィル・アイザック
フィル・アイザック
?!…はい、聞こえてます!
フロイド・シーザー
フロイド・シーザー
『良かったです。それでは、出動の時間までは切りますね。』
フィル・アイザック
フィル・アイザック
了解です。
ザザ…!
アルベルト・カルード・マリオン・ジョーイ
アルベルト・カルード・マリオン・ジョーイ
確認も終わったので、中に入るぞ!!
クロム・アーサー
クロム・アーサー
あぁ、気を引き締めていくぞ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ノロ
ノロ
よくオリジナルを描いてます。なにとぞよろしくお願いします。不定期です。
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る