無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

あたしの好きな人.12
あなた「どーして……?」


トミー「なんか、余裕そうに見えた」





余裕なんてないんだよ?

トミーが近くにいるだけで、
トミーと話すだけで、


こんなにドキドキするんだもん…




仕事とは違う……


本当に触れたいと思ったから…












なんて、言えなかった…





トミー「もっと、自分大切にしろよ…俺が言えることじゃねーけど…」




そう言って部屋を出ようとした。





あなた「ト…ミー……まっ…て…」



なぜか涙が出てきた。

一線を置かれた気がした。






トミー「…んな顔すんなよ。本当に、ごめん。」





そう言って部屋を出た。






トミーの匂いがいっぱいのこの部屋で、

あたしは一人号泣した。



なんでこんなに涙が出るのか分からない。




でも…


でもね…






なんかトミーが、

遠くに行きそうで…




もうこの想いを捨てなきゃいけない

そんな気がして…






涙が止まらなかった。


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

夢亜ん。
夢亜ん。
23sai.girl.♀ lovely one...⁂ ♡licenses ♡hikaru ♡mizutamari bondo ♡fischer’s ♡sky piece ♡boys love ♡dream novel We will deliver a wonderful “dream” full of happiness to everyone. (皆様に、幸せ溢れる素敵な”夢”をお届け致します。) Please have a look at lots of good “dreams” . (是非沢山の良い”夢”を、ご覧下さい。)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る