無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

知らない人.5
??「いきなりなんだけどさ、聞いてもいい?」



ジュースを飲むのをやめ、
その人を見て頷いた。


??「普段ケータイで何見てる?」


そのスマホでって、
あたしのポケットを指さした。


あなた「え…なんでですか?」


??「ごめん、何も聞かず答えて」



その人が真剣な顔で言うもんだから、
変だなとは思ったし答えたくなかったけど

あなた「あたし、電話とかしかしなくて、その…友達とかも居ないのでLIMEとか、そんなの全くしなくて…ネットで少し調べ物するくらいです」


素直に答えてしまった。




??「そっか」


何故かほっとした様子で
そう答えた。



??「変な質問してごめんな!もうしないから気にしないで!」



そんな事言われても気になるよね…

と思ったけど何も聞かなかった。




??「名前だけ、聞いてもいい?」


あなた「あなたです…」


??「あなたちゃんね!俺、富永知義!みんなはトミーとかトモとか呼ぶけど好きに呼んで!」


あなた「自己紹介、遅くなりましたねっ」


トミー「だな!にししっ」




なんか改まるのが可笑しくて、
また笑った。


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

夢亜ん。
夢亜ん。
23sai.girl.♀ lovely one...⁂ ♡licenses ♡hikaru ♡mizutamari bondo ♡fischer’s ♡sky piece ♡boys love ♡dream novel We will deliver a wonderful “dream” full of happiness to everyone. (皆様に、幸せ溢れる素敵な”夢”をお届け致します。) Please have a look at lots of good “dreams” . (是非沢山の良い”夢”を、ご覧下さい。)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る