無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

顔見知りな人.5
トミー「ところでさ、ここがどこだか聞かねーの?」



あなた「あ!そーだ!ここって…」


なんかすっかり忘れてた。

ここあたしのお家でもないし、
どこだろ…




トミー「ここは俺の家!俺さ、後輩達とルームシェアしてんだよね!あなたちゃんの家、もちろん知らないし、倒れちゃったから、みんなで運んできたってわけ」



へ!?!?


富永さんの言葉に動揺が隠しきれなかった。



あなた「あ、えっ…あの…ご、ごめんなさい……」



咄嗟にでた言葉。

何にごめんなさいなんだろう。




トミー「何にごめんなの?大丈夫!それより、大丈夫?なんか寝てる間うなされてたけど…」



あ…あたし、またうなされてたんだ…




眠るとよく嫌な夢を見る。

だから、夜は嫌い。



トミー「俺で良かったら話聞くよ?」


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

夢亜ん。
夢亜ん。
23sai.girl.♀ lovely one...⁂ ♡licenses ♡hikaru ♡mizutamari bondo ♡fischer’s ♡sky piece ♡boys love ♡dream novel We will deliver a wonderful “dream” full of happiness to everyone. (皆様に、幸せ溢れる素敵な”夢”をお届け致します。) Please have a look at lots of good “dreams” . (是非沢山の良い”夢”を、ご覧下さい。)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る