無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

顔見知りな人.2
ヴェッゴホゴホッ


本当に気持ち悪くて、
トイレで吐いてしまっていた。



話すことも無くて沢山飲んじゃった…

ううっ…気持ち悪い…



店長に気持ち悪いので帰りますと
メールで伝えて荷物を持ってきてもらうことにした。


入口のベンチで待ってたら、
急いで持ってきてくれた。



店長「ごめんね、気をつけて帰って」


そう言い残してまた合コンへ向かった。




よし、帰ろう。


立ち上がろうとした瞬間、
立ちくらみで倒れそうになった。



??「大丈夫?」


誰かに支えられたみたい。

なんか懐かしい。
まるであの時みたいで…



??「あなたちゃん?あ!やっぱそーだ!偶然だな!!」



あれ?なんであたしの名前?

それに、この声って…





そう言おうとしたけど、

力が尽きてしまい倒れてしまった。




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

夢亜ん。
夢亜ん。
23sai.girl.♀ lovely one...⁂ ♡licenses ♡hikaru ♡mizutamari bondo ♡fischer’s ♡sky piece ♡boys love ♡dream novel We will deliver a wonderful “dream” full of happiness to everyone. (皆様に、幸せ溢れる素敵な”夢”をお届け致します。) Please have a look at lots of good “dreams” . (是非沢山の良い”夢”を、ご覧下さい。)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る