無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

あたしの友達.2
久しぶりのトミー。


しかもトミーが運転してる…



その姿が見慣れなさすぎて、
じっと見つめてしまっていた。





トミー「なあ、そんな見んなよ」


あなた「あ、ごめんっ」


指摘されて慌てて目を逸らす。




トミー「なんかついてんの?」


あなた「いや、なんてゆーか…」




なんで見てたのか聞かれて、
焦って理由を探していた。





あなた「んー…かっこよくて!」





咄嗟にでた言葉に、
自分でもびっくりして恥ずかしくなった。



あなた「あ、えっと、その…///」


またさっきより焦って、
なにか言おうとしたけど

馬鹿じゃねーのって小声で言われた。




あなた「ごめんね…っ!」


トミーの方見て謝ろうとしたら、
顔が真っ赤になっていた。





あ、照れてる…


可愛くてつい、笑ってしまった。




トミー「んだよ!お前がそーゆうこと言うからだろ!」


必死になってるトミーが、
また可愛くて笑った。




やっぱりトミーがいると
すごく楽しいな…


そんなこと思いながら、

あたし達はショッピングモールに向かった。




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

夢亜ん。
夢亜ん。
23sai.girl.♀ lovely one...⁂ ♡licenses ♡hikaru ♡mizutamari bondo ♡fischer’s ♡sky piece ♡boys love ♡dream novel We will deliver a wonderful “dream” full of happiness to everyone. (皆様に、幸せ溢れる素敵な”夢”をお届け致します。) Please have a look at lots of good “dreams” . (是非沢山の良い”夢”を、ご覧下さい。)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る