無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第47話

降り出し.7
家に着く頃には泣き止んで、

今度は緊張でしかなかった。




足が…動かない…




玄関前で固まるあたし。




カンタ「ほら、いっといで」


そう言ってあたしの背中を押す。





カンタさんの方を見ると、
悲しそうな顔で笑っていた。



あなた「ありがとう」




それだけ言って、玄関を開けた。


















カンタ、キイチ、まんずにて



キイチ「カンタさん…いいんすか?」


カンタ「なにが」


まんず「…あなたさん」




カンタ「俺、どっちも好きだからこれでいい」








車の音が遠くなるのがわかった。



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

夢亜ん。
夢亜ん。
23sai.girl.♀ lovely one...⁂ ♡licenses ♡hikaru ♡mizutamari bondo ♡fischer’s ♡sky piece ♡boys love ♡dream novel We will deliver a wonderful “dream” full of happiness to everyone. (皆様に、幸せ溢れる素敵な”夢”をお届け致します。) Please have a look at lots of good “dreams” . (是非沢山の良い”夢”を、ご覧下さい。)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る