無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

485
2021/06/03

第3話

⛓️
𝓶𝓮
𝓶𝓮
  誰 も 私 の 中身 は 見てくれない …… 。  
     確かに 彼女 の 美貌 には 誰も が 視線 を 向ける 。
     だけど 彼女 の 行動 や 言動 には 誰も 視線 を 向けない 。
     彼女 が 善い事 を しても 悪い事 を しても
     彼女 が 笑っても 泣いても 。



彼女 は 1度 も 笑顔 を 見せたことがない 。
     笑わずとも 美しいため 笑っているように 見えてしまう 。
     誰も 彼女 の 中身 は 愛してくれない 。
𝓶𝓮
𝓶𝓮
  こんなの 、  
𝓶𝓮
𝓶𝓮
  幸せじゃない …… 。  
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
  " 幸せ " に なりたいのか ??  
     彼女 の 呟き を 拾ったのは 昔から 城 に 勤める 老魔女 だ 。
𝓶𝓮
𝓶𝓮
  私は 私の 内面 を 見て欲しい …… 。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
  ほぅ … 。  
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
  その願い 叶えてやるぞ 。  
𝓶𝓮
𝓶𝓮
  ほんとうに !?  
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
  あぁ 。後悔 は しないか 。  
𝓶𝓮
𝓶𝓮
  えぇ …… !!  
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
  分かった 。  
     その後 国中 に 眩しい 光 が 響いた ________
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ