無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

440
2021/06/05

第4話

⛓️
𝓶𝓮
𝓶𝓮
  …… ??  
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
  これで お前 の 心 が 全員 に 見れる 。  
     見た目 は 全くと言っていいほど 変わっていない 。

ただ 彼女 の 心 が 見えるようになったのだ 。
     彼女 の 心 は 外見よりも 美しく

彼女 の 思考 ひとつひとつ が 人々 を 魅了した 。
     そして 彼女のために 命 をも 捧げるのだった 。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
  私 の 役目 は もう終わったわ 。  
     彼女 の 母 … 麗城よんさん の 妃 は 美しい 娘 を 産んだこと を

誇り に 思い 朝食後 笑顔 で 窓から 身を投げ出し 、
ㅤ
  こんなに あなた が の 心 美しかったとは …  
     と 娘 の 美しい心 を 見抜けなかった 己 を 罰するため

洗顔後 自ら 窓 の 外 へ 身 を 投げた 。
𝓶𝓮
𝓶𝓮
  お父様 … !! お母様 … !!  
     急いで 魔法使い の 元 へ 行ったが 、
     そこには 

" 美しい姫 の 元 で 働けて 誇り に 思い 自ら 首を切った "

魔法使い の 生首 が あった 。
𝓶𝓮
𝓶𝓮
  どうして …… 。  
     悲しみ の あまり 泣く姿 は なんとも 儚く

それが また 城の前 に プレゼント …… 死体の山 を 作った 。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
  旅 に 出なさい 。  
     彼女 の 涙 が 起こした 奇跡 で そう一言 言い

また 目を閉じた 魔法使い 。


彼女 は 言われるが ままに
     終わること の ない 永遠 の 旅 に 出るのだった ____