無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

病気の悪化...
そして虫さんがてつや達に話をして
てつや
てつや
じゃあ、ライブ配信するか!
りょう
りょう
久しぶりだよね、ライブ配信なんて
としみつ
としみつ
絶対にあなたに関する質問くるよな笑
あなた

ウッ...

あなた

苦しい...

ゆめまる
ゆめまる
あなた、大丈夫!?
あなた

バタッ

5人
5人
あなた!
てつや
てつや
おい、あなたどうしたんだよ!
としみつ
としみつ
俺、救急車呼んでくる
虫眼鏡
虫眼鏡
あなた...
そして救急車で運ばれ
あなた

.....

りょう
りょう
あなた、大丈夫だって?
てつや
てつや
あぁ一応安静にしていれば大丈夫らしい
ゆめまる
ゆめまる
あなた、せっかく家に帰ってこれたのに...
としみつ
としみつ
また入院なのか...
虫眼鏡
虫眼鏡
あのさ...
虫眼鏡
虫眼鏡
僕たちはいつもどうりでいようよ...
虫眼鏡
虫眼鏡
僕たちがさ、落ち込んでても仕方がないじゃん
ゆめまる
ゆめまる
虫さん...
てつや
てつや
そうだな
てつや
てつや
よし俺たちはいつもどうりでいよう!
としみつ
としみつ
おう!
りょう
りょう
じゃあ俺、しばゆーに電話してくる
てつや
てつや
じゃあ、俺たち3人はあなたの家から撮影の器具とか持ってくる
としみつ
としみつ
虫さん、あなたを頼んだ!
虫眼鏡
虫眼鏡
了解
そして4人が部屋から出て
虫眼鏡
虫眼鏡
はぁ...
虫眼鏡
虫眼鏡
僕、みんなにあんな事言ったけど本当は僕が1番落ち込んでいるんだよね...
虫眼鏡
虫眼鏡
どうして、あなたばかり...
虫眼鏡
虫眼鏡
(あなたの手を握り)
虫眼鏡
虫眼鏡
僕、やっぱあなたが居ないとダメダメだ...
今回はここまで