無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

だ い す け 3
翔太side

佐久間...みんな泣いてたぞ。なんでって,
なんで俺のことしか覚えてないんだよ。
佐久間...なぁ。



大介 「しょっぴー、なんでさっきの人たち泣いてたの?」

翔太 「佐久間...さっきの人たちは、俺たちのメンバーだよ。SnowMan。俺たちのグループ。」


大介 「うん、SnowManでしょ?知ってるよ〜なに言ってるの〜それくらいわかるって」

翔太 「じゃあ、SnowManは何人グループ?」

大介 「え?俺としょっぴーでしょ?」

翔太 「そっか。本当に覚えてないんだ...」

大介 「だから覚えてるって!」

翔太 「佐久間。さっき泣いてた人たちわかる?」

大介 「誰かはわかんないけど、泣いてたのはわかるよ」

翔太 「あの人たちも同じグループ。メンバーだよ」





NEXT→