無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

エピローグ。.:*☆
私には大好きな人がいた。

誰よりも大切な人だったのに。

私はどうして間違えてしまったの?

どうしてあの時何も伝えられなかった?

私には、そんな後悔しかない。

その時私の前に不思議なことが起きたの。

今でも、よく覚えてる。

後悔という感情に押し潰されそうになっていた時に

一つの希望が見えたの。
これは、私にとって奇跡と忘れられない物語(おもいで)。