無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

後悔。.:*☆
私は、聞いたの。

この耳ではっきりと。

琉(ルイ)は………
先週亡くなった。
交通事故だったらしい。

先週琉に伝えそびれた言葉。

それを伝えられずに琉はこの世を去った。

認めたくなかった。

だって、今まではクラスが一緒で毎日のように会える人で

つい昨日までって感じだったのに。


















「じゃぁな。」って言われて「また明日」って言葉を交した次の日。

琉は学校に来なかった。

なんでだろう。風邪かな。

誰もがそう思っていた2日後のこと。

担任の先生から

「昨日、南野 琉 が亡くなりました。」

と。

琉が、学校に来なかった最初の日は手術をしていたらしい。

手術は成功した。


はずだった。

手術が成功した次の日、

心臓発作が起きて亡くなったと聞いた。

その時、後悔というものが体中に廻り私を苦しめた
中学の時からの知り合いで特別仲いいわけでもなかった琉。

でも、少しだけど琉と話す時間は

今までの中で1番色がある時間だと思った。

中学3の時の修学旅行告白しようと思って、

夜空いてるから聞いたとき、他の女子と待ち合わせしてると答えた。

きっと、告白されに行ったんだろう。

頭も良くて、顔も良くて、無口だけど性格は良くて。

モテる要素ありまくりの人だけど。

でも、断ったと思う。

だって、告白した子らしき女子がトイレで泣いてたんだもん。

慰めたら、好きな人がいるって言われたらしい。

その言葉を聞いた瞬間告白するのをやめようと思った。

その言葉を聞きたくなくて逃げたんだ。

それが、大きい後悔の1つな気がするんだ。