第18話

Ep.18
534
2022/01/12 12:06
マネージャーさんに呼び出されたあの日から、誰とも会っていない。

マサヤくんにも。
連絡も一切取れない。

そして、宿舎はもぬけの殻で、家具も何も無い。
みんなが引っ越すのはとても早かった。


私の心の中もからっぽで、毎日部屋にこもっている。

突然仕事を辞めたことやイニーのみんなが引っ越したことについて、両親は何も聞いてこない。
たぶん、お母さんは分かっている。なんとなくそんな気がする。




すごく不思議なのが、涙が出ない。


まるで長い夢でも見ていたかのような気持ちでいる。
また夢の続きを見たいのに、ここのところ私はあまり眠れない。



今日も眠れず朝になり、新聞を取りに家の外へ出ると、マサヤくんがいた。


(なまえ)
あなた
マサヤくん……
マサヤ
マサヤ
ちょっと、いいかな
少しやつれたように見える。

こんな状況なのに顔を見れて嬉しいと思ってしまっている。


でも、その気持ちを押し込める。



私たちは公園へ移動した。
マサヤ
マサヤ
連絡取れなくてごめん。
ケータイも取り上げられちゃって……
(なまえ)
あなた
大丈夫
こんな事になって、ごめんね
マサヤ
マサヤ
謝るのは俺の方だよ。
ごめん
(なまえ)
あなた
マサヤくん、元気?
みんなも元気?
お別れ言えなかったからちょっと寂しいね
マサヤ
マサヤ
元気なんかじゃないよ。
みんなも寂しがってるよ。
あなたは大丈夫なの?
(なまえ)
あなた
大丈夫、大丈夫!
また仕事探さないといけないけどね。
休みたいと思ってたし、ちょーど良かったかな!
マサヤ
マサヤ
あなたはこれからどうしたいと思ってる?
俺は……あなたのこと、好きだよ。
これからもその気持ちは変わらない。
だから……待ってて欲しい
(なまえ)
あなた
なーに言ってるの!
マサヤくんにはでっかい夢があるんだから!
ね!!
マサヤ
マサヤ
あなた、そんなふうに笑って誤魔化さないで。
俺のこと、まだ、好き?
(なまえ)
あなた
ごめん!マサヤくん、ごめん!
私ね、興味本位で付き合っただけ!
アイドルと付き合ったらどんな感じなのかなーって。その程度の気持ちなの。
……だから、もう忘れて?


「待って……」そう言いかけたマサヤくんを残して私は帰った。



今まで出なかった涙が溢れて止まらない。


絶対に涙は見せたくなくて、走って帰った。




お母さん
お母さん
新聞ありがとー。
ほら、朝ごはんできてるわよ。
(なまえ)
あなた
お母さん……!!
お母さん
お母さん
どうしたの?!
家に戻り、お母さんの顔を見た瞬間、まるで子供のように大きな声を出して泣いた。
(なまえ)
あなた
うぁぁぁぁぁぁん!!!!!!
お母さん
お母さん
あなた……




泣きなさい。

泣きたい時は泣いていいのよ。


お母さんは、何があったかも聞かず、ずっと抱きしめてくれた。





興味本位で付き合っただけなんて嘘ついてごめん。



マサヤくんには輝いていて欲しい。
いつも聞かせてくれた、眩しいほどのたくさんの夢を叶えて欲しい。


マサヤくんの人生を壊す権利は私にはない。


マサヤくんは優しいから、待ってるなんて言ったらきっと苦しめる。











マサヤくん、








あなたのことが大好きです。






そして





とても苦しいです。