第15話

Ep.15
569
2022/01/12 12:00
マサヤ
マサヤ
じゃあ、
また後で
(なまえ)
あなた
うん
あとで

結局、朝まで一睡も出来なかった。

マサヤくんも眠そうな目をこすりながら、こっそり帰って行った。



「またあとで」

まだ一緒に居たい、寂しい気持ちを満たしてくれる言葉。


数時間後にはまた会える。



、、、え!数時間後!!!



急いで支度をしなければ!


何を着ていこう、メイクはどうしよう。
慌てて準備していると気付けば部屋は無法地帯。
でも、今はそれどころじゃない。

帰ってきたら片付けよう。


(なまえ)
あなた
いってきまーす!!
朝ごはんも食べず家を飛び出すと、ランニング中のタケルくんに出くわした。
タケル
タケル
あなたおはよう!
そんなお洒落してどこ行くん?
(なまえ)
あなた
べ、べつに!
ちょっとそこまで!!じゃ!
タケル
タケル
???
いってらっしゃーい
気合い入りすぎちゃったかな?


でも、デートだもん!!
お洒落くらいしないと!


待ち合わせの前に、駆け込みで美容院へ行き、伸びて邪魔な前髪をカットしてもらった。







(なまえ)
あなた
…………。



最悪。




前髪切られすぎた。


最悪さいあくサイアク!!!


早い時間から開いてるからって、知らない美容院行くんじゃなかった!


テンションダダ下がりで待ち合わせ場所に行くと、キャップにマスク、黒のパーカー姿のマサヤくんがスマホをいじりながら立っている。



顔はほとんど見えないけど、隠しきれないオーラ!


やっぱり、かっこいぃー!!
(なまえ)
あなた
お待たせ
ごめんね、待った?
マサヤ
マサヤ
ううん
俺も今来たとこ。
あれ?あなた前髪切った?
(なまえ)
あなた
そーなの、ちょっと切りすぎちゃって
やだよー
マサヤ
マサヤ
うわ……
マサヤ
マサヤ
めっちゃ可愛いー!!!
クシャッとした笑顔でそう言ってくれた。


マサヤくんが可愛いって言ってくれるなら、この前髪も悪くない、、かな。
マサヤ
マサヤ
じゃ、行こっか
(なまえ)
あなた
うん!
最近では珍しく晴天!



最高のデート日和!!