無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

近づく結婚,,,,,3
二人でキッチンにたちご飯を作った
あなた
お待たせしました😆
RIKU
RIKU
俺運ぶー
あなた
ありがと(笑)
健太 母
仲がいいのねー(笑)
あなた
いえいえ(笑)
喧嘩とかしょっちゅう笑笑
RIKU
RIKU
そんなしたことないだろ(笑)
あなた
あるよ(笑)誰かさんが原因つくって(笑)
RIKU
RIKU
っるさいなー
健太(お見合い相手)
健太(お見合い相手)
はい
これお願いしていいですか?
RIKU
RIKU
はーい
健太 父
二人は歳の差どのくらい?
あなた
私が27で陸が25歳です
健太 母
2つも離れてるのね
あなた
はい(笑)
健太(お見合い相手)
健太(お見合い相手)
よしできた
ならび終えたよ
あなた
ごめん!つい話に夢中になっちゃって,,,,,
健太(お見合い相手)
健太(お見合い相手)
全然大丈夫😁
健太 母
じゃあ食べましょうか!
健太 父
そうするか
健太 母
いただきます✨
健太 父
いただきます
健太(お見合い相手)
健太(お見合い相手)
いただきます
RIKU
RIKU
いただきます
あなた
//ゴクッ
(つばをのんだ)
健太(お見合い相手)
健太(お見合い相手)
おいしい,,,
あなた
えっ
健太 父
おいしいよあなたさん
あなた
えっ,,,?
健太 母
おいしいわ,,,,,おいしいわよあなたさん☺️
あなた
ほんとですか?!
RIKU
RIKU
うまいわ
やっぱ姉ちゃんの料理
あなた
よかったぁ〰️
健太(お見合い相手)
健太(お見合い相手)
ほんとにすごくおいしいですよ(笑)
あなた
ありがとうございます✨
健太 母
これなら安心だわ😁
あなた
いえいえ
RIKU
RIKU
心の声)姉ちゃん、気つかってる
昔から気使うとき両手握って親指動かすよな,,,
ーー1時間後ーー
あなた
おじゃましました
弟が急に押し掛けてすみません(笑)
健太 母
いいのよぉ~
またおいでね
あなたさんごちそうさまでした
あなた
いえ!今回は誘っていただいてありがとうございました
父
またご兄弟で遊びに来て下さい
あなた
はい(笑)
健太(お見合い相手)
健太(お見合い相手)
じゃあ、りこさん
またね
あなた
うん☺️
RIKU
RIKU
おじゃましました
ーー外ーー(二人で歩いてる)
RIKU
RIKU
姉ちゃん
あなた
ん?
RIKU
RIKU
ほんとにあの人と結婚するの?
あなた
,,,!しなきゃ,,,,,しょうがない
RIKU
RIKU
それって父さんのため?
あなた
,,,お父さんのためじゃなくて,,りくのため
りくが殺されないようにするため
RIKU
RIKU
あんなの脅しに決まってるじゃん!
あなた
それでも!あの人たちは,,,平気で人を殺すようなことをするかもしれない!
RIKU
RIKU
でもっ,,,!
あなた
さっき臣から聞いたんだけど,,,
健太さんのおかあさん、自分が気にくわないことをしたら、平気で嫁を一晩中外に出すんだって,,,
RIKU
RIKU
えっ,,,,,
あなた
びっくりだよね,,,
でも、この人、裏と表があるのかもって初めて会ったとき思った
RIKU
RIKU
それでも,,,するの?
あなた
するよ,,,
きょうね指輪出されたんだ
RIKU
RIKU
えっ?
あなた
公園で、プロポーズ,,,,,
子供も要らないし臣と戻りたいっていう夢も壊さないから、一年一緒にいてくれって
RIKU
RIKU
返事は,,,,,?
あなた
少し時間くれって言ってきた
RIKU
RIKU
,,,,,そっか
あなた
なんか,,,カッとさせちゃってごめんねりく
私なら大丈夫だよ
なんとかやりきれる
RIKU
RIKU
姉ちゃん,,,
あなた
帰ろ(笑)
RIKU
RIKU
うん,,,



ーーーーENDーーーー
短くてすみません!
楽しみに待っていただいている方々
ほんとに申し訳ありません!
テストがあって中々書けませんでした!
ほんとごめんなさぁーい!!
ちょくちょく出せるように頑張ります!

ーーNEXTーー


あなたが引っ越すまで4️⃣日!