無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

木綿豆腐
言っておくけど、あまり、豆腐の意味はない
葬式場の人
^&*(&&&^%#$##%^&*(**&^^$#&%$$%(
湊柚海
湊柚海
うわあああん、モブさぁぁん
湊柚海
湊柚海
グス
モブがタヒんじゃったら誰が東京まで行って限定アイス買ってくるのさぁぁぁぁ
狼菜
狼菜
ほんとだよ。
モブの死因が分かんない人は。『俺は内緒で二刀流』を見よう!
モブ
おい、勝手に葬式すんな‼︎
俺、生きてるだろ!
湊柚海
湊柚海
うううぅ
狼菜
狼菜
これで涙拭いて?
湊柚海
湊柚海
はい、ん?
湊柚海
湊柚海
これなんですか?
湊柚海
湊柚海
黄色の細長い布
狼菜
狼菜
あ、それね、モブがタヒぬ直前まで着てた
殺せんせーコスの触手
ほとんどだと思うけどね、なんで殺せんせーのコスしてたかは、
湊柚凪さんの作品『元呪術師のマネ』を見よう‼︎ そしてお気に入りを押して1話のプロローグのコメント欄を見よう。モブのタヒはそこから始まった…
湊柚海
湊柚海
ていうか、マッハ10によく逃げれたね
狼菜
狼菜
あぁ、対先生用ナイフを細かく切って繋げて縛ってたからね。
湊柚海
湊柚海
対先生用の意味ある?
相手人間でしょ?
狼菜
狼菜
もちろん。
狼菜
狼菜
意味があるわけないじゃん
湊柚海
湊柚海
そうだね(ハハ
こんな感じでどうでしょう。

葬式に欠席すると言っていたのに御免なさい>ショボン