無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

アメノチハレ 64
望side
あれからと言うもの
皆は毎日俺が悲しまないように来てくれてる。

そして、今日 4月23日は
俺たちがデビューして6年目。
6回目の虹が架かる。
皆はいつ来るかな…。
なんて思ってたら
重岡大毅
重岡大毅
こーたーきー!!
ほらきた。
神山智洋
神山智洋
もぉー、ほんまにうるさい。
小瀧望
小瀧望
しげ、うるさい。
重岡大毅
重岡大毅
はぁっ!!!
俺は!小瀧に!会いたかったのに!!
小瀧望
小瀧望
分かった分かった。
ありがとうな。
重岡大毅
重岡大毅
おう!!
神山智洋
神山智洋
ごめんな?のんちゃん。
小瀧望
小瀧望
ううん。大丈夫。
中間淳太
中間淳太
おはよう!のんちゃん!
桐山照史
桐山照史
おはよう望!
濵田崇裕
濵田崇裕
おはよぉ!
小瀧望
小瀧望
おはよう
淳太、照史、濵ちゃん
神山智洋
神山智洋
後、流星だけか?笑
重岡大毅
重岡大毅
どうせ
寝坊やろ笑笑笑笑
桐山照史
桐山照史
あっ!忘れ物!
あれ?携帯?どこ?
見ないな?笑笑
小瀧望
小瀧望
流星はどっちも有り得るな笑
JW
JW
全-流星  笑笑笑笑
藤井流星
藤井流星
ごめん!
遅なった!!
桐山照史
桐山照史
もう!流星!
重岡大毅
重岡大毅
寝坊?忘れ物?
藤井流星
藤井流星
えっ?
両方。
中間淳太
中間淳太
さすが流星やわ笑
濵田崇裕
濵田崇裕
でも、流星らしいやん。
桐山照史
桐山照史
みんな揃った!?
早く早く!!!
重岡大毅
重岡大毅
お前はどうせ!
食いたいだけやろ?笑笑笑笑
桐山照史
桐山照史
はぁ!
そんなこと言ってないし!
中間淳太
中間淳太
本当にうるさい!
神山智洋
神山智洋
よし!やろう!
重岡大毅
重岡大毅
パーティ!パーティ!パーティ!
小瀧望
小瀧望
笑笑
俺のベットの近くに置いてある
机を持ってきて、神ちゃんが大きな袋を置いた。
小瀧望
小瀧望
これなに?
濵田崇裕
濵田崇裕
望開けてええよー?
濵ちゃんに言われ
恐る恐る開けてみると、

中には…
小瀧望
小瀧望
うわぁー…!
大きなケーキが。

それも、京セラドームで皆で撮った写真が
プリントされていた。
桐山照史
桐山照史
結構綺麗にできてる!!
神山智洋
神山智洋
食べるの勿体ない〜!
中間淳太
中間淳太
よし!
写真撮ろうぜ!
濵田崇裕
濵田崇裕
はい!
皆さん準備はOKですか!
JW
JW
全-濵ちゃん   ええよ!
濵田崇裕
濵田崇裕
それでは行きます!


はい、チーズ!
カシャ
撮れた写真を皆で見て
後で濵ちゃんが皆に送ってくれる。
桐山照史
桐山照史
よし!食べよう!
流星が何も喋らないなぁー
と思い、流星の方を見ていたら、
藤井流星
藤井流星
皆のジュース入れてきました!
神山智洋
神山智洋
ありがとう!流星!
濵田崇裕
濵田崇裕
乾杯しよう!
重岡大毅
重岡大毅
小瀧!乾杯の一言を!
小瀧望
小瀧望
えっ?俺?
こういう時って、最年長の淳太ちゃうの?
中間淳太
中間淳太
そやな!
のんちゃんに言ってもらおう。
小瀧望
小瀧望
え、えっと…。
中々決まらない。
なんでこんな時に限って
出てこないんやろう…。
小瀧望
小瀧望
うーん…。よし!

えっと、6年間ありがとう!そしてこれからも
よろしくお願いします!
この7人で、てっぺん取ろうぜ!!
乾杯!!
JW
JW
全員  乾杯!!
桐山照史
桐山照史
ケーキ切りまーす!
照史が均等にケーキを切って
1人ずつにお皿に盛りつけを。

俺はと言うと
正直食べれるかどうか分からない。
日に日に食欲も落ち、フォークも持てるかどうか。

目の前にケーキが置かれ、俺が中々
食べずに居ると、
神山智洋
神山智洋
はい、のんちゃん。
小瀧望
小瀧望
えっ?
神山智洋
神山智洋
あーんしたる。
小瀧望
小瀧望
なんで…?
神山智洋
神山智洋
手、力入る?
神ちゃんはほんまに凄いな…。
でも、なんかモヤモヤする。
ここで甘えて、神ちゃんから食べさせてもらったら、俺はもう自力で食べられないという現実
を見ることになる。
そうなると本当に、悔しい。
だから、
小瀧望
小瀧望
神ちゃん…。
神山智洋
神山智洋
んっ?
小瀧望
小瀧望
俺の右手、支えてくれへん?
神ちゃんは一瞬驚いた表情をしたけど
直ぐに笑顔になり、
神山智洋
神山智洋
ええよ!
ゆっくりな?
これ位でええ?
俺が食べやすいサイズに切ってくれて
右手にフォークを持たせてくれた。
神ちゃんは優しく俺の右手を支えてくれて
皆は俺が食べるのを優しい目で見守っている。
俺が上手に食べることが出来たら…
神山智洋
神山智洋
すごいやん!のんちゃん!
濵田崇裕
濵田崇裕
偉い!望!
重岡大毅
重岡大毅
ようやった!
まるで、自分の事のように
心から喜んでくれる。
小瀧望
小瀧望
ありがとう
神山智洋
神山智洋
次も行く?
小瀧望
小瀧望
うん。
本当に恵まれてる。
もし、俺がジャニーズWESTじゃなかったら
もし、メンバーがこの人たちじゃなかったら


きっと俺は今頃絶望し、生きる意味も無くして
ただろう。

でも今はこうやって
今日も生きている。
夢に向かって、生きている。
小瀧望
小瀧望
なぁ、皆。
JW
JW
全員-小瀧  んっ?
小瀧望
小瀧望
ありがとう。
本当に、ありがとう。
JW
JW
全員-小瀧  おう!
皆、照れながらだけど
優しく笑ってくれた。










しんどいことあったけど乗り越えて強くなれた
今の僕が笑えるのは
今の僕が頑張れるのは
今ここにいる、皆がいたから。
ありがとう。
これからも一緒に前を向いて歩いていこうな?

これからは僕が皆の力になれるように
俺、頑張るな?




































神様か誰かに言いたい
この7人に出会わせてくれてありがとうって