無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

アメノチハレ⑦
望side
撮影中…
濵田崇裕
濵田崇裕
((小声で
なぁ望、大丈夫か?
小瀧望
小瀧望
((小声で
大丈夫大丈夫
ありがとう
濵田崇裕
濵田崇裕
((小声で
この後暇か?
良かったら飯行こうや!
小瀧望
小瀧望
((小声で
ホンマに!行こうや
あ、奢ってな?笑
濵田崇裕
濵田崇裕
((小声で
分かってる
濱ちゃんとご飯なんて
何年ぶりやろう
メンバー全員とかはあったけど
2人だけって最近ないなぁ…
楽しみやなぁ…‪……………‬
スタッフ
「以上です。お疲れ様でした!」
小瀧望
小瀧望
ありがとうございました
濵田崇裕
濵田崇裕
ありがとうございました
濱ちゃんが先に立って
歩くのを後から俺が追う。

その時濱ちゃんが時々後ろを振り返り
俺を見てくれた。
小瀧望
小瀧望
何やねん笑
濵田崇裕
濵田崇裕
いや
また転んだらあれやから。
小瀧望
小瀧望
笑笑
濱ちゃんだから大丈夫やって
濵田崇裕
濵田崇裕
んーん
なんかな〜、





濱ちゃんの言いたいことは分かる。
俺も大丈夫じゃない気がする。
でも信じたくないから
自分自身に「大丈夫」って言って
不安を消してる。
そうでもないと俺自信なくなりそうだから。
楽屋に戻ったら
全員俺の方を見て、
桐山照史
桐山照史
大丈夫?
小瀧望
小瀧望
うん
大丈夫大丈夫
心配かけてごめんな。
桐山照史
桐山照史
ええってそんなん。
メンバーなんやから。
藤井流星
藤井流星
((小声で
なぁ濱ちゃん
望の事やねんけど
ホンマに大丈夫なんかな
濵田崇裕
濵田崇裕
((小声で
俺も思っててん
今日、望と飯行くさかい
その時聞いてみるわ。
藤井流星
藤井流星
((小声で
メールしてもええ?
俺も心配やから。
濵田崇裕
濵田崇裕
((小声で
分かった。