無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

アメノチハレ㊴
望side
部屋に着くと俺の担当医の先生が
入ってきて、俺にこう言った。

担当医「明日、1度検査をさせてください。
今日はごゆっくりお過ごし下さい。」
小瀧望
小瀧望
分かりました〜。
小瀧望
小瀧望
「検査」か…。
「検査」って言葉を聞くだけで
なんだか嫌な予感がした。

最近は確かに調子悪いし
もしかしたら、濵ちゃんといた時よりも
酷くなってるかもしれない。

たとえ酷くなってても俺は決めたんや。
小瀧望
小瀧望
必ず勝って、また皆と一緒に歌うんや。
俺は家から持ってきた写真を手に取り
皆がさっき言ってくれた言葉を思い出してた

どの言葉も心に残ってるけど、
1番心に残っているのは
藤井流星
藤井流星
望…
俺らは望の居ない世界なんて
生きてたくないから…
小瀧望
小瀧望
流星…‪…
俺もやで。
俺も皆の居ない世界なんて
生きてたくないで…
だからその為にも俺は勝つ。
手に持ってた写真の裏にして
ペンを取り俺の夢と目標そして、
グループの夢を書いた。
小瀧望
小瀧望
うん。
これで完璧や。
挫けそうになった時
苦しくなった時
辛くなった時には
この写真を見て、元気を貰おう。

そう思いながら
昼寝をした。