無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

アメノチハレ④
望side
あれは今から2ヶ月前

あの日は朝から仕事がある為
ベットから降りようとした時だった
小瀧望
小瀧望
痛っ。
左足が痛かった。
最近はよくジムとかでトレーニングしてるから
その筋肉痛かな…なんて思ってたから
そんなに気にしなかった。
直ぐに治るって思ってた。
小瀧望
小瀧望
ん〜
朝ごはん食べよう
今日のご飯は
シンプルにパンとコーヒー
小瀧望
小瀧望
いただきます!


それからしばらく
食べ終わって
片付けて、歯を磨いて顔洗って着替えて…
そんなことしていると
マネージャーから連絡が入り
俺も家から出た。









今思えば
あの時に直ぐ病院に行ったりメンバーに相談してればこんなことにはならなかったのかな