無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

アメノチハレ㊱
望side

眩しい朝日と共に目を覚まし、重い足取りで
キッチンに向かい朝ごはんを作る

今日の夜から病院で食べるから
暫くはこの家にも帰ってこないし、
なんなら料理も作ることが出来ない。

俺の好きなご飯を朝から作り食べる。

幸せだった。
当たり前の朝食でさえもそう思ってしまう。
小瀧望
小瀧望
片付けとかしてよっかな。
色々掃除していると、
台本の隙間からメンバーと撮った写真を
見つけた。
小瀧望
小瀧望
写真持ってこ笑
きっと入院生活の中で
苦しいことがあるはず。

そんな時はこの写真を見て
勇気を貰おう。







((ピンポン
濵田崇裕
濵田崇裕
望〜?
来たで〜?
行こか〜。
小瀧望
小瀧望
おん!待ってて〜


よし行くか
苦しいことがあっても
乗り越える
必ず


この7人で素敵な未来に虹をかけたいから
この7人で素敵な景色を見たいから
小瀧望
小瀧望
必ず勝ってみせる