無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

アメノチハレ⑪
流星side
濱ちゃんから連絡が来た。


「望多分やばい。」って。
濱ちゃんが言うから本当にやばいんやろうな。

俺も望にできることなんかないんかな。
望ばっかり苦しんでる。
きっと不安やろうな。
望にメールした。












「来週の土曜日ショッピング行こ」


このショッピングでにもなかったらいいのにな。

なんて考えてたら

望から
「ええな!行こうや!」
と返信が来た。
文字だけでも望が楽しみなのが分かった。
ほんまに可愛い弟や。










この可愛い弟のためなら
なんだってする。
絶対に守ったる。