無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

アメノチハレ 60
流星side
望に送る励まし動画も撮り終わり
楽屋に戻って
まぁ、しげは
急にシャイ岡が発動して、
今はその恥ずかしさを紛らす為に淳太に
イタズラしてる。
ゴキブリ投げたり、急に大っきい声出したり。

あぁー、これやな。
これが「ジャニーズWEST」やなって
ここに望がいたら完璧!って
望のことを考えていたら、
神山智洋
神山智洋
流星〜!
携帯鳴ってる〜!
藤井流星
藤井流星
うぃーす!
液晶画面に表示された名前を見て
俺は思わず…
藤井流星
藤井流星
望!!!!
JW
JW
流星、望以外「望!/小瀧!」
重岡大毅
重岡大毅
流星!ちょ、スピーカー!!
藤井流星
藤井流星
お、おん
中間淳太
中間淳太
とりあえず
ソファーに座ろ
藤井流星
藤井流星
い、いくで。
JW
JW
望、流星以外「おん」
藤井流星
藤井流星
📱「もしもし?望?」
何故か、緊張したけど
でも、望を安心させたかったから
俺はゆっくり声を出した。