無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

アメノチハレ 55
濵田side
最近、望の事が心配だった。
あの日以来俺も俺ら以外も
望のお見舞い行けてへんし
連絡も出来てへんかった。

正直、望が弱ってるって聞いて
ちょっと遅かったかなって思った。

だから俺もしげの話を聞いて
もちろん首を縦に振った。

俺も望の力になりたい。

帰り支度をしていたけど
望の為ならと思いもう一度、
しげと一緒にスタジオに戻った。
重岡大毅
重岡大毅
神ちゃん!
お待たせ!
神山智洋
神山智洋
ありがとうな、濵ちゃん。
帰るところやったやろ?
ごめんな〜
濵田崇裕
濵田崇裕
ええねん、ええねん。
俺も望のこと心配やったし
力になりたかったから。
重岡大毅
重岡大毅
よし。
揃ったね。

ほんじゃー、
小瀧を励ますでぇー!
はまかみ
はまかみ
おう!
俺はギターを
神ちゃんはドラムを
しげはピアノを


懐かしいな…
また俺の好きな曲が歌えると思うと
とても嬉しかった。
でも今日はちょっと違う。
大切なメンバーへ届けるため。

望に俺らの思いが届くことを信じ
ギターを鳴らした。
演奏終了後
??
パチパチパチ
後ろをみたら
桐山照史
桐山照史
やっぱ、この曲最強やわ!
中間淳太
中間淳太
おん!
絶対のんちゃんにも届いてるって
藤井流星
藤井流星
改めて
いい曲やな〜、って思ったわ
濵田崇裕
濵田崇裕
えっ!
聴いてたん!
桐山照史
桐山照史
そりゃ聞くやろ〜
望だけずるいわ!笑
藤井流星
藤井流星
ほんまな笑
神山智洋
神山智洋
じゃさじゃさ
みんなで写真撮ろう!
のんちゃんに送るわ!
中間淳太
中間淳太
ビデオメッセージにしようや!
重岡大毅
重岡大毅
淳太がまともな事言ってる!
中間淳太
中間淳太
俺かて言うわ!
重岡大毅
重岡大毅
今日だけな。笑笑笑笑笑笑
中間淳太
中間淳太
ほんまにもう…
さっきのしげはどこいってんねん!
濵田崇裕
濵田崇裕
笑笑
よし!
みんな撮るで〜
一人ずつ携帯の前で
望への思いを語った。

もちろん俺も。
濵田崇裕
濵田崇裕
望?
最近会えに行けなくてごめんな?
でもな、俺は会いに行けなくても
ちゃんと心で望の事考えてたで?
ちゃんと俺たちの心に望は居るから。
どんなに離れてても、
望は居るから。
望が生きる意味を俺らが教えたる!
俺さぁ、アホやん?やからさぁ、
時間がかかるかもしれへん。
それでもちゃんと待ってて。
絶対、望が俺たちにとって
どんなに大切で大事なメンバーなのか
教えたるから。
ちゃんと生きる意味も
だからそれまで、俺らの傍に
おってな。