無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

アメノチハレ⑧
流星side
濱ちゃん達が撮影に行ってからの楽屋は
もちろん望のことで話し合ってた
神山智洋
神山智洋
ホンマにあれ筋肉痛なんやろか
桐山照史
桐山照史
ちょっと違和感あるよな。
重岡大毅
重岡大毅
まぁでも
小瀧が大丈夫って言ってるんやから
俺達も信じなきゃあかんやろ…。
中間淳太
中間淳太
せやな…‪。
なぁ望
ホンマに大丈夫なん?
俺今めっちゃ心配です。
この先あれ以上のこと起きひんよな?






藤井流星
藤井流星
濱ちゃんが見てくれるから
大丈夫やろ。
メンバーに聞こえるように言ったのか
はたまた自分を落ち着かせるように
心の中で言ったのか
もう覚えてない。
でも、
濱ちゃんなら望のこと助けてくれるって
思ってる。
濱ちゃんはちゃんとメンバーのこと見てるから
何かあったときに凄く頼りになるから。

濱ちゃんが戻ってきたら
俺の今の気持ちを伝えたい。

今の望はきっとどこか不安やと思うから。