無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

アメノチハレ⑩
小瀧side
濱ちゃんとご飯食べてる時
色々な話をした。
仕事のことやメンバーのこと。


でもその時も左足はジンジン痛くて。
朝よりちょっと痛くなってる。


濱ちゃんから朝のことを聞かれると
やっぱり不安になった
でもメンバーには迷惑かけたくないから
大丈夫って言った。
ほんまは大丈夫じゃない。ちょっとだけ怖い。



帰る時も
座ってる時よりも痛くて
その場にしゃがみこんでしまった。
濱ちゃんほんまにごめんな。
心配かけて。
何やってるんやろ俺…。









なぁ、
ほんまに筋肉痛なんやろか。